妊娠線 予防

MENU

妊娠線の予防対策、いつからいつまで?

妊娠中に気になる妊娠線一度できてしまうと、
一生元通りに治ることはない
と言われています。

 

妊娠線クリーム 画像

 

そんな妊娠線、予防すにはどうすれば良いのでしょうか?

 

予防はいつから始めれば良いのか調べてみました。

 

 

妊娠線ができる理由

 

妊娠線は、体質によっては全くできないという人も
いるようですが、日本人では7割くらいの人ができる
そうです。

 

中には、予防してたのにできたという人もいるようです。

 

妊娠線は、お腹が急激に大きくなることに皮膚が無理して、
皮膚の内側の真皮が破れ、線状に皮膚表面に現れた
状態
になります。

 

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線は、乾燥が主な理由でできると言われています。

 

予防には、乾燥防止がポイントとなりますね。

 

 

妊娠線の予防、いつ始めればよいの?

 

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線の予防は、できるだけ早く始める方が良いです。

 

お腹が大きくなる前から、皮膚を柔らかくしておくことで、
皮膚が引っ張られても傷つきにくくなります。

 

柔らかくするには、保湿性の高いクリームなどで、潤いを
与えることが大切
です。

 

お腹が大きくなってから始めれば良いやって思われる
方も多いと思いますが、実はそれでは遅いんです。

 

なぜなら、肌のターンオーバーの周期は28日くらいです。
お肌を柔らかくしておくには最低でも1月くらいはかかるんですね。

 

妊娠線クリーム 画像

 

そういう訳で、つわりが終わった妊娠4ヶ月目くらいから
ケアを始める人が多いそうです。

 

始める時期は人によっても違いますが、であれば、
乾燥しやすいのに早めに始める方が理想的ですし、
30歳以上の方も乾燥しやすいので、早めにこしたことは
ありませんね。

 

 

予防対策はいつまで続ければ良いの?

 

妊娠線のケアは、出産後も続けた方が良いみたいです。

 

私も色々調べましたが、出産後に妊娠線がでいたという
人もいるからです。
妊娠線クリーム 画像

 

 

お肌のターンオーバーの周期が1月くらいということを
考えると、出産してケアを怠けると、妊娠線ができる
って可能性もあるんですね。

 

それに、もし妊娠中から妊娠線ができてしまった場合も、
ケアをすることで、薄くなる可能性も期待できます。

 

以上の様な理由から、出産後もケアしてキレイなお肌を
目指したいものですね。