妊娠線 痒み 産後

MENU

妊娠線による痒みと産後について

妊娠中はお腹が急激に大きくなり、皮膚の真皮が
破れてしまい、線ができてしまいます、いわゆる
妊娠線です。

 

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線ができると、痒くなってしまいます。

 

痒みは何が原因なのか、どんな時に痒くなるのか
まとめてみました。

 

 

ホルモンバランスの変化による痒み

 

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠中は、見た目はもちろん、体の中も大きく変化して
います。特にホルモンバランスが変わります。

 

女性ホルモンの分泌が増え、男性ホルモンの分泌が減少して
乾燥しやすい状態になります。

 

乾燥が原因で痒みが出やすくなるのです。
妊娠性皮膚掻痒症になっている可能性もあります。

 

見た目ですぐ分かるものでも、発疹がでるものでもないので
すが、とにかくすごく痒いのが特徴です。

 

妊娠線クリーム 画像

 

痒いからと掻きむしると、色素沈着二次的な発疹などが
でる可能性もあるので、早めに治すことが大切です。

 

特に、妊娠中期から後期にかけて出る人が多く、
出産後は痒みが治まるのが特徴です。

 

できるだけ肌が乾燥しないように、クリームなどでしっかり
保湿してあげることが必要です。

 

 

皮膚の断裂が原因の痒み

 

妊娠線は、妊娠中、お腹の皮膚が急に伸びてしまい、真皮が裂けて
しまい、亀裂が入ることによってできます。

 

この皮膚の断裂が痒みの原因となることもあります。

 

かすり傷とかしても痒みが出ることってありますよね?
それと同じ仕組みのようです。

 

妊娠線クリーム 画像

 

こんな状態を防ぐには、妊娠初期か保湿性の高い
クリームなどで、皮膚を保湿して、柔軟に保ち、
皮膚の伸びに対応できるようにしてあげることが大切です。

 

妊娠線対策をしておけば、同時に痒み予防にもなります。

 

そして、出産後は妊娠線もうできないと思われるかも
しれませんが、出産後も妊娠線ができてしまうケースも
ある
ので、まだまだ油断は禁物、しばらくはケアして
おいた方がよさそうです。

 

 

妊娠線、もしできてしまったら?

 

妊娠線は一度できると、一生消えないとまで言われます。

 

もし妊娠線ができてしまったら、痒みが出ることも多いため、
掻きむしらない様にすることが大切です。

 

掻きむしると、お肌に湿疹ができたり、
黴菌が入り、炎症を起こすことも考えられます。それに、
傷が色素沈着して、黒く残ることもあります。

 

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線は、通常は白なので、そこまで目立ちません。
ですが、色素沈着すると目立ちやすくなるので、
キレイな状態まで治すのに苦労します。

 

とにかく妊娠線できない様にするには、乾燥対策が
必須です。

 

また、出産後も、ホルモンバランスは急激に変わるので、
しばらくは、保湿ケア続ける必要があります。

 

妊娠線専用のクリームは色々と販売されているので、
それらを使ってケアを怠らないようにしたいものですね。