妊娠線クリーム

MENU

妊娠線クリームの主な成分とその効果について

妊娠線クリーム 画像

妊娠線を予防、改善するためのケアクリームは、
通常の保湿クリームとどのような違いがあるかご存知ですか?

 

妊娠線ケア用のクリームは、肌の表面をうるおすのではなく
奥までしっかりと浸透し保湿、そして弾力を与えることで
妊娠線が出来るのを防いでくれるのです。

 

さらに、細胞を活性化させ、ターンオーバーを促すなどして
出来てしまった妊娠線を薄くする効果のある成分なども
配合されている場合、予防だけでなく改善にも有効となります。

 

 

ここでは配合されていることの多い成分とその働きを紹介したいと
思いますので、商品選びの参考にして頂きたいと思います。

 

 

保湿成分

 

ヒアルロン酸

 妊娠線クリーム 画像
保湿成分の代表とも言える成分です。

 

細胞間に水分をとどめることで、肌に弾力をもたらします。
肌にクッション性を与えることで、外的ダメージからも
守ってくれると言われています。

 

コラーゲン

 妊娠線クリーム 画像
ヒアルロン酸同様、肌にうるおいと弾力を与えます。
不足すると肌がたるみ、シワや皮膚内部のダメージの
原因となる可能性があります。

 

セラミド

 妊娠線クリーム 画像
保水、保湿力に優れているので、肌内部の水分を抱き込み、
蒸発を防ぐことで、逃さないようにする働きがあります。
もともと体内にも存在する成分なので、低刺激性です。

 

シアバター

 妊娠線クリーム 画像
植物から採れる天然油脂で、古くから加工されない状態でも
保湿クリームとして使われてきました。
ダメージから肌を保護し、さらに再生させる力に優れています。

 

 

また、これらの成分をより浸透しやすくしたものや、
働く力を何倍にもアップさせたものも多く配合されています。

 

「ダブルコラーゲン」「スーパーヒアルロン酸」などという
名前がつけられているので、ぜひ注目してみて下さい。

 

 

美肌成分(細胞活性、皮膚の再生など)

 

葉酸

 妊娠線クリーム 画像
妊娠、授乳中の女性にとって欠かせない成分です。
サプリメントで摂取する方が多いものですが、肌に塗ることで
ターンオーバーを促し、健康な皮膚状態を保ちます。

 

プラセンタ

 妊娠線クリーム 画像
新陳代謝の活性化、ホルモンバランスの調整など、
妊娠中で乱れがちな肌を整えてくれる効果が期待出来ます。

 

ヒトオリゴペプチド-1

 妊娠線クリーム 画像
皮膚生成に必要な、たんぱく質の一種でターンオーバーを
促進します。ノーベル賞を受賞した、希少な成分でしたが、
現在では大量生産が可能になり、基礎化粧品に使用されています。

 

スクワラン

 妊娠線クリーム 画像
新陳代謝を活性化して、やわらかく健康な肌を保ちます。
また、粒子が細かいことで、浸透力に優れている成分で、
他の成分も一緒に皮膚内部までしっかり浸透させる働きがあります。

 

ビタミンC誘導体

 妊娠線クリーム 画像
断裂したコラーゲンの生成、補修に役立ちます。
美白成分として有名ですが、火傷跡や傷跡の治療に
使用されることもある有効成分です。

 

アルガンオイル

 妊娠線クリーム 画像
非常に人気のある貴重な美容成分です。
高い抗酸化作用があり、肌がやわらかく伸びやすくなります。
シワや妊娠線を予防、改善する働きが期待出来ます。

 

 

その他の有効成分

妊娠中の冷えを解消するダーマクロレラ
傷の回復に効果の高いアラントイン
かゆみを抑えるヨモギなどの植物エキス

 

など、商品の特徴に合わせて多数の有効成分が配合されています。

 

 

 

妊娠線クリームには、こういった様々な効果のある成分が
複合的に配合されていることがほとんどです。

 

症状や肌質に合った成分の入ったクリームをぜひ見つけて下さいね。